能楽鑑賞などなどの記録。  
<< キヨ太りん。 | TOP | 銕仙会定期公演9月 その2 >>
銕仙会定期公演9月 その1

DSCN2826.JPG

 

楊貴妃
シテ     観世清和
ワキ     宝生欣哉
アイ     中村修一
    

大鼓    安福光雄
小鼓    曾和正博 
笛      一噌庸二 (代演)
     
地頭    野村四郎
 

狂言 菊の花
シテ   野村万作
アド   石田幸雄


小鍛冶 黒頭
シテ   片山九郎右衛門
ワキ   森常好
ワキツレ舘田善博
アイ    内藤連

 

大鼓   柿原弘和     
小鼓   幸清次郎
笛     竹市学
太鼓   小寺佐七
 

地頭   柴田稔


※2016年9月9日(金) 宝生能楽堂にて。

 

 

というわけで、銕仙会に行ってきましたぁ〜!
キヨ、九郎右衛門、万作と、充実したとっても素晴らしい会でしたよ!

 

まずはキヨの「楊貴妃」から。

 

これがなんだか意外なことに?!工夫と気迫に満ちた、役者兼演出家としてのキヨ?!を感じさせた、一番だったのですよね。

 

囃子方、地謡が座着き、グレイの引き回しの小宮の作り物が運ばれてきます。中にはもちろん、キヨが入っている・・・はず(←?)。

 

そして玄宗皇帝の使いである、欣哉が早速に登場です。今回、このワキの方士の扱いも、ちょっとしたポイントだったかなぁと思う。馬嵬で亡くなった楊貴妃の霊魂を探し求め、方士はあちこち長い旅をして、蓬莱山にまで赴くと、途中でアイに尋ねたりしつつ、太真殿までついにやってきます。

 

蓬莱島の島民であるアイは中村修一で、ちなみに「小鍛冶」のほうは内藤連と、能の二番とも万作家の若手だったわけですが、なんとなく狂言方の血になってきた・・のを感じさせるというか、能のアイをさせても、違和感なく安心して観ていられる役者ぶりでした(←上から目線)。

 

さて、ワキがその豪華さに驚きつつ、太真殿の中の様子を窺っていると、人の声が聴こえてくる・・。

 

昔は驪山の春の園に 共に眺めし花の色 移れば変る習とて・・・

 

作り物の中から聴こえてくる、キヨの謡。寂しく悲しげな謡というよりは、重厚で気位の高いキヨ節を感じさせて、おやおや・・と思った人も多かったに違いない。というか、私はそう思ったのだけど、抒情的でなく、くっきりとした叙景的な謡には、実はキヨならではの演出があったわけなのだ。そしてそれは、後半に明かされる。

 

続けて引き廻しが降ろされた時、あらっと思わせたのが、鬘帯を小宮の作り物にズラリと着けた、「玉簾」がなかったこと。最近は、「玉簾」の小書がついてなくても、そうなっているのがむしろ普通?かのように思っていたので、これは新鮮だった。小宮の作り物が白い額縁の役割を果たして、シテの姿がくっきりと浮かび上がって観える。

 

渋く錆びたように観える黄金色の唐織に、これも抑えた緋色の大口。天冠の色合いも金ピカでなく、赤銅色にやや褪色して観え、瓔珞が控えめにしてあったので、簪が目立って観えたのが古風な印象です。
面は「曽う(増)」とかで、遠目に観えた範囲では、端正な、気品を感じさせる顔立ちで、色香が漂うような雰囲気ではありません。

 

その姿は全体に、過去の豪奢な雰囲気も残しつつ、かなり抑えた渋い趣に仕上がっていて、仙界に戻ってきてからの楊貴妃の侘しい心境を、そこにくっきりと表わしていたと思う。面は微かにうつむき加減で、憂いに満ちた様子です。

 

とはいえ、方士の呼び掛けに応えるシテの口調は威厳に満ちていて、まったくキヨらしい、強く、女王然とした風格が漂います。

 

一方で、方士が楊貴妃に出会った証が欲しいと求め、シテはワキに鳳凰の簪を与えるのですが、鳳凰の簪なんてどこにでもあるし、もっとこう、お二人だけの秘密とか聞かせてもらえませんかね。と、加齢臭ただよう質問をワキが繰り出してきます。まぁそれもそうだこと、と答えるシテなのですが。

 

シテはどうやら、玄宗皇帝の遣いだと言って突然やってきたこの方士を、全く信用していない・・・ような、固く心を閉ざしているかのように観えました。玉簾がなかった代わりに幾重にも取り巻かれていた、楊貴妃の心の帳が観えるようだった・・・、なんて言ったら、ちょっと気取りすぎでしょうかね。

 

七夕の夜に二人で約束をして・・と、どこか毅然として語っていたシテが、自分は実は仙女だったので、自分の魂は、仙界に戻ってくることになった・・、と小宮の方を振り返ったその時に、彼女の背中がまるで、「求塚」の乙女のように寂しげで、はっとさせられる。豪華な宮殿も、今のシテにとっては荒野のように感じられるに違いない。

 

聞きたいことを聞くと、それでは御暇しましょう、と腰をあげるワキを、さすがにシテが引き留める。かつての夜遊の曲を、貴方にも見せよう・・と。ここまで来て、ようやくシテがワキに心を開き始めたのが感じられるようだった。

 

シテの舞姿は、本当に美しかった。キヨらしい硬質な、完璧さを求める姿で、如何なる瑕疵も認めまいとする様子が、今回は逆にいじらしいというか、人間的な姿に観えたような。この日のキヨは、なんだかカワイイな、と思った(笑)。

 

気位の高かった楊貴妃が、橋掛りで跪き別れの挨拶をする方士に向かい、自らも跪くようにして別れを惜しむ。一場ものの曲だけれど、その中でも、シテの心持ちの大きな変わりようを感じさせた。

 

方士に玄宗の面影を見たということもあるだろうし、この方士もまた、二度と会うことのない運命の相手ということに気づいたのだろうか。互いに敬意を払いつつ、『そうならねばならぬのなら』と離れ行く会者定離の光景です。

 

さるにてもさるにても・・・と、分かっていてもやはり別れはつらい・・と訴えるシテの謡に、激しい感情が滲み出る。

 

ワキを見送ると、シテは再び作り物の中に戻り、憂愁の中に沈み込む。そして再び作り物を出ると、永遠に年を取らない仙女は、その姿を焼きつけるように立ち尽くすのでした・・。

 

というわけで、とっても素晴らしかったです!それに、橋掛りを戻っていく姿も、悲しげな中にも可憐さが漂うようで、さすがキヨ太りん。。と思った。

 

狂言「菊の花」。

 

この日は9月9日で、重陽の節句だったのですよね。万作の小格子の段熨斗目が鮮やかなレモンイエローで、菊の花を思わせます。万作の、身振り手振りの話芸を楽しむ一番。「たぶさ」に菊の花を挿して、得意満面に歩く太郎冠者・・。

 

それにしても、六世万蔵の現存する息子たちは、みんな人間国宝になったわけで。。。恐ろしい一族だ。。

 

しかしこの曲の別名が「茫々頭」というのは、全然雰囲気が違いますな。。最後のオチの「緒太の金剛」というのがつまり、草履のことだと分からないと、あんまり面白さが伝わってこないカモ?

 


その2へとつづく。

 

 

 

posted by kuriko | 01:22 | 能・狂言 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kuriko.jugem.cc/trackback/1839
トラックバック
Search this site