能楽鑑賞などなどの記録。  
<< 国立能楽堂7月定例公演   | TOP | 銕仙会定期公演7月 (その2) >>
銕仙会定期公演7月 (その1)

高野物狂
シテ 観世銕之丞
子方 馬野訓聡
ワキ 森常好
アイ 山本則重

 

小鼓 幸清次郎
大鼓 國川純
笛   一噌庸二
 
地頭 清水寛二


狂言
鶏聟
シテ 山本則孝
アド 山本東次郎
   山本凜太郎
   山本泰太郎


殺生石
シテ 長山桂三
ワキ 野口能弘
アイ 山本則秀

 

小鼓 森澤勇司
大鼓 安福光雄   
笛   槻宅聡
太鼓 桜井均
     
地頭 柴田稔

 

※2017年7月14日(金) 宝生能楽堂にて。

 

 

というわけで、銕仙会に行ってきました〜!

 

この日のお能は、「高野物狂」と「殺生石」。「殺生石」は視覚的にも楽しめる曲で、かなりメジャーな印象ですが、「高野物狂」は稀曲というほどではないけれど、ちょっと遠い曲というイメージがある。実は私も「高野物狂」を観るのは、これで二度目、観世流ではなんと初めてなのです・・。

 

この曲は本来は出家を決意して高野山に行ってしまった若君を、守り役が追いかけて行って、最終的には一緒に出家するという筋立てで、他流ではそうなっているらしい。観世流でのみ一緒に故郷に帰る、というふうにエンディングを改変されているとのこと。改変したのは、そう、もちろん観世元章で、その後は廃曲とされていたのを明治頃に復曲したのだとか。遠い曲となっているのもその辺りが要因でしょうか。

 

一緒に仏門に入るのと、故郷でお家を守りましょうとなるのでは、曲の意味が全く違ってくるし、作者(世阿弥ということになっている)も心外なのではあるまいか・・・と思っていたら、なんと、てっつん、ちょっぴりトホホ?!なエンディングになってしまった今回だったのでした。

 

さて、この曲は、(観世流では)いきなりシテの名乗りで始まるようです。

 

地謡、囃子方が座着き、シテ・高師四郎が静かに登場です。亡くなった主の墓参とのことで、掛絡に裳着胴、長袴の出で立ち。囃子事もなく、ただ静かに橋掛りを進む眺めがいい。てっつんの直面がキリリ・・と引き締まっていて、さらにいいカンジです。

 

主の墓に向かって合掌する様子も、左手の掌は伸ばしたまま、右手は数珠を持って丸めたまましていて、ちょっと抱拳礼みたいになっていて、面白い。

 

そしてそこにアイが、主の子、春満さまが行方知れずになったと知らせにやってくる。大切に守ってきた若君の失踪に、その衝撃を、下居のまま、すざっと微かにアイにいざり寄って表現するてっつん。

 

とにかく残されていた御文を読もうと、春満の健気な決意を読み上げるのですが、これも大変素晴らしかった。春満の置手紙に曰く、一人が出家すれば七世の父母が成仏するというので、自分も仏門に入って孝行しよう思う、とのこと。

あなたとお別れするのは名残惜しいが・・・と、てっつんが情感を込めて、実際には白紙の紙を手に読むのですが、子供が書いた、分かりやすい手紙という設定もなんだか興味深い。三年のうちには必ず行方を知らせるから・・・とあるのも、相手の愛情を信じて疑わない幼い感じがいい。

 

そしてやっぱりてっつん四郎は、これは若君の御後を追わねば・・・!と、すぐさま心を決める。その決意を物語るてっつんのお顔が、さらに澄み切っているようで大変素晴らしかった。

 

さて、シテが退場すると、その春満の登場です。一緒に登場したのは、高野山の僧であるツネ2。ツネ2ちょっと久しぶりですが、子方の訓聡くんが大きくてびっくりコ。もう子方というにはちょっと苦しいくらいです。ツネ2はもちろん僧形ですが、今回の訓聡くんは着付に長袴の稚児の出で立ち。

 

ツネ2が語ったところによると、(お能の)例によって春満は僧になりたいと突然自分を頼ってきた・・とのこと。そしてこれまた例によって、観世流の大成本と、下掛宝生流のツネ2とではかなり詞章が違っていて、(ワキの)次第の謡でも、春満は既に出家したかのような内容だったので(花の袖を墨染に変えたことよ、みたいな)、やはり観世流は異質なのかもしれない。ワキ僧は、春満の気晴らしをさせようと、高野山名物「三鈷の松」(←珍しい三つ葉の松ですね)を一緒に見に行くのでした。

 

ここで、若様を想うあまりに、物狂となったてっつんの再登場です。

 

しかし、装束はちゃんと旅モードになっていて、侍烏帽子に厚板、白大口に茶色の水衣みたいなの、という出で立ち。さらに竹の棒の先に若君の手紙をはさんだものを肩に担ぎ・・・が、狂い笹の代わりで物狂らしさをプラスといった姿です。

花の行方を尋ねつつ、若君の御文を肌身離さず・・・と謡うあたり、ちょっぴりお稚児さん趣味も彩りに・・・といったニュアンスでしょうか。

 

ただ率直なところ、いかにも狂気してます!!という雰囲気ではなく、落ち着いた(?)静かな物狂の雰囲気です。「木賊」ほど狂ってはいない。もっとも佯狂でも、そう思いつく時点でかなり狂気に近いわけですが・・。

 

以前読んだ解説本などには、高野山は女人禁制だったから物狂を男にしたのでは、という解釈もあったけど、そのわりにお能の世界は、たとえば「道成寺」等でも女人禁制はあっさり破られているし、逆に単に男の物狂を出してみたかったのでは、という気もする。

 

さらにここでびっくりしたのは、しばらくして子方がいきなり、「これなる物狂をよくよく見候えば・・」とシテの正体に気づいて話しだしたことで、え、もう、「三鈷の松」の前にいたんかい?!と、ちょっとびっくりでした。(ずっと地謡前にワキと一緒に座っていたので。)

 

しかも訓聡くんはもうかなり大きいので、なんというか、整然としたシッカリとした謡いぶりで、この唐突さが際立って、さらにびっクリ。では名乗り出てはと勧めるワキに、子方はもう少しのあいだ様子を見たい・・・と応える、物狂ものでは定番の展開に。

 

異形は高野山から出て行けと注意するワキとシテの掛け合いになって、さらに「三鈷の松」の謂れを語るサシ、クセ・・・と、こちらも理路整然とシテが(実際には地謡が)謡い、かなり長大なものとなって、ちょっと眠くなったカモ・・。

 

続けてシテは舞に入って、中之舞から昂揚した心持ちを表わすように、男舞に移り変わったような舞いっぷりだったのだけど、舞自体は素晴らしかったけど、今にして思うと、この長さがよくなかったんじゃ〜ないかと思う。

 

舞い終えてからもさすがに興奮冷めやらず、畏れ多いことだとワキに許しを請うシテに、子方が高師四郎ではないかと声をかける。そこで、シテも「や、あれにましますは・・」と、叫ぶようにするのですが、なんとここで、続きの台詞を忘れてしまったてっつん。・・・。

 

何度か後見も着けようとしていたけど、収拾がつかず「御意をばなどか背かんと・・・」と子方に駆け寄り、強引に話を終わらせたてっつんだったのでした。雰囲気から察するに、子方を心変わりさせるに充分な必死さを出したかったようだけど・・。

 

ここでシテが慌てず(?)に、それほど見苦しくはならなかった・・のかな・・は、エラかったと思うけど、春満が決心を翻して、おうちに戻ることにする肝心な台詞が抜けることになってしまい、ちょっと意味不明なエンディングとなったのでした。(子方はもちろん、お家に戻ってますた。。ちなみに謡本では、ここでシテは誰がお家の名字を継ぐのですか、とか言って説得することになっている。)

 

・・・。

 

というわけで全体を観た印象は、とにかく不思議な曲だなぁ・・ということ。狂気でない男物狂というところに、むしろゼアミンの(?)狂気も感じる。いつごろ書かれた曲か知らないけれど、男二人がお家だとか、主従関係だとかのしがらみにあふれた俗世を捨て、仏門に入るという本来のエンディングにも、なかなか興味深いものがある。(往事の仏門には仏門で、しがらみだらけだっただろうケド。。)

 

観世流では観世元章が戯曲をイジったことによって、武家社会に迎合した正反対のエンディングになっているのも、作者の狂気と、戯曲の欠点を逆に強調しているかのようで、面白いといえば面白いのカモ。

 

というわけで、いささか消化不良に終わった「高野物狂」だったのでした・・。しみかんの地謡なんかは、イイ感じだったんだけどな〜。。

 


(その2へとつづく。)

 

 

posted by kuriko | 00:42 | 能・狂言 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kuriko.jugem.cc/trackback/1892
トラックバック
Search this site