能楽鑑賞などなどの記録。  
<< 新春名作狂言の会 ―野村万作 人間国宝認定記念― | TOP | 松木千俊独立二十周年記念 第21回 檀の会 >>
国立能楽堂一月公演 特別公演
岩船
シテ   豊嶋三千春
ツレ   豊嶋晃嗣
ワキ   高井松男
ワキツレ 梅村昌功
      舘田善博
アイ    野村扇丞

大鼓   柿原弘和
小鼓   清水晧祐
笛     藤田六郎兵衛
太鼓   助川治

地頭   宇高通成

狂言
靱猿
シテ   野村万蔵
アド   小笠原匡
      野村萬
      野村眞之介

求塚
シテ   山本順之
ツレ   西村高夫
      浅見滋一
      長山桂三
ワキ   宝生閑
ワキツレ 大日方寛
      御厨誠吾
アイ    野村祐丞

大鼓   亀井忠雄
小鼓   観世新九郎
笛     一噌幸弘
太鼓   金春惣右衛門

地頭   野村四郎


岩船。

観世会の初会で毎年のように観ているけれど、前場から通して観るのって、たぶんクリコは初めてである。
なんでかな〜?と考えたこともなかったのだけれど、実は観世流では、岩船の前場を廃止してしまっているのであった・・。
前シテは中国ふう装束の、唐人の童子。でもこのコが、後シテの正体かというと、そういう訳ではないらしい。正体は『天の探女』なんだって。女のコ・・・?
帝の命令で、中国の宝物を買いに出かけた勅使に、宝珠をプレゼントしていました。
もちろんその後に、金銀珠玉満載の船がやってくる。
後シテは、特に小書はついていないようだったけれど、白頭に巨大龍戴で、とても重々しい感じ。観世流の祝言のときみたいな、サワヤカ系ではないみたい。

靱猿は、お猿役の眞之介くんが本当にまだ小さくって、とーってもカワイかったです!
一生懸命でんぐり返りをするのだけど、その度に体がぺたんっと、仰向けに寝ちゃうのです♪
猿引役の萬が、『ほれ!』『よし!』といった感じで、ぐいぐいと装束を着せてあげているのも微笑ましかったです。
でも萬がお猿くんに、「お前を殺しても恨んでくれるなよ」と、説いて聞かせるところはお顔を真っ赤に紅潮させて、真に迫っているものがありました。
もちろんワガママ大名も、ちゃんと許してくれるのですが・・・。
万蔵の3人目のお子さんかしら?能楽師は、わりと子沢山が多いですな(笑)。

で、さて、本日のクリコのお目当ては求塚。
閑が登場すると、頭の中に先日聴いた静雪のナレーションが蘇りました。
(←ワキの旅僧役のナレーションだったので。)
山本順之は、なんていうか余裕さえ感じさせる演技で、わりとドラマチックに演じていたんじゃないかな〜。前場では、彼女一人だけ只者でないことがよく分かりました。

雪が融け始めた春の野辺は、夜になると死者の国へと変わる。
平和な生活を送る生者には、夜な夜な発せられる死者の懊悩の声も、聴こえるはずもない。
成仏できていないだけあって、地獄の亡者たちは、現世での身体感覚をかなり引きずっているみたい。肉体は滅んでいるのに、現世への想いが痛みを感じさせるのかも。
菟名日少女は「あら閻浮恋しや」と言う。
旅僧の読経のおかげもあって、地獄の責め苦から束の間の解放があっても、彼女がとぼとぼと戻る住処は苔むした塚である。それでも彼女にとっては、本当にささやかな安息の地なのだ・・・。
彼女個人?の罪科よりも、人間生きていれば、必ず何らかの瑕疵があってその報いを受ける・・・みたいな、何度観てもやっぱり暗いお話でした。。。

今日は後シテの面が、苦痛のあまり歪んでしまっているようにも観えて、とてもコワかったです。。。


posted by kuriko | 23:48 | 能・狂言 | comments(2) | trackbacks(1) |
コメント
こんばんは、クリコさん。
「求塚」は、やっぱり、こんな感じでしょうね。
>彼女個人?の罪科よりも、人間生きていれば、必ず何らかの瑕疵があって・・・
だって、日々「八億四千の思ひ」ですもんね。
暗いけど、好きな曲です。

ところで、川本喜八郎のDVDはほしいなと、思いつつ、まだ・・・。
人形アニメーション映画「死者の書」の公開当時に、「リスペクト喜八郎」だったか?「道成寺」とか「花折り」とかは見ましたが、「火宅」は残念ながら見てないので。お薦めですよね。
2008/01/29 00:26 by Santal
Santalさん♪

>暗いけど、好きな曲です。

そうですよね〜、私も「求塚」は、いつも何故か引き込まれてしまいます。
「川本喜八郎作品集」、特に「火宅」は本当にオススメですよ〜!
是非一家に1枚♪
でも、実は、ワタクシ今回は、かなりこの「火宅」のイメージを引きずったまま観ていて、なんだかフェア(?)な観方ができなかったなぁ〜、とちょっと反省(笑)しています。。。

2008/01/29 23:58 by くりこ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kuriko.jugem.cc/trackback/640
トラックバック
2008/02/17 22:38
能 金剛流「岩船」 シテ 豊嶋三千春 ツレ 豊嶋晃嗣 ワキ 高井松男 ワキツレ 梅村昌功 舘田善博 アイ 野村扇丞 笛 藤田六郎兵衛 小鼓 清水皓祐 大鼓 柿原弘和 太鼓 助川 治 地頭 宇高通成 後見 豊嶋訓三
サンダルウッドな胡椒〜能楽感想など
Search this site